犬の健康を考えるなら無添加ドッグフードを選びましょう

愛犬のアレルギーを防ぐおすすめドッグフード

 

近年、愛犬のアレルギーに悩む飼い主さんが増えています。

 

人間と同様に、人間社会に暮らす犬にとってアレルギー症状は非常に身近なもので、いつでも発症する可能性があるのです。

 

その一番の要因は食べ物、つまりドッグフードです。

 

なぜアレルギーになるのか?どんな食材がアレルギーを引き起こすのか?それを理解することが、愛犬の健康を守る最重要ポイントとなります。

 

そこから、アレルギーを防ぐおすすめのドッグフードが見えてくるのです。

 


おすすめな無添加ドッグフード

 

 

犬もドッグフードでアレルギーになる?そのメカニズム

 

人間にも発症するアレルギーは、免疫力が暴走した結果です。

 

犬の体にも、外から入ってきた細菌やウィルスを攻撃する免疫機能が備わっていて、病気にならないように外から入ってきた異物は攻撃するようにできています。

 

食べ物も、外から入ってきた異物に違いありません。

 

しかし、食べ物を食べる度にいちいち免疫反応を起こしていては、肝心な時に免疫機能が働かなくなってしまいます。

 

そのため、ある程度のものには免疫が反応しないようにする免疫学的寛容性という機能もまた犬や人間の体に備わっているのです。

 

しかし、ある物質や食べ物に繰り返し晒されていると、その免疫学的寛容性が働かず、その物質に対して免疫が過剰に反応してしまうようになります。

 

結果として、その物質はおろか自分自身の体までも攻撃して、炎症や発熱などを起こしてしまう。

 

これがアレルギー反応です。

 

この、免疫力が過剰に反応するようになってしまった食材などを「感作された食材」と言います。

 

そして、感作されやすい食材というものがあり、それらを繰り返し食べることがアレルギーの原因となってしまうのです。

 

そのアレルギーの原因、つまりアレルゲンになりやすい食材というのが、人間にとっては、乳製品、卵、小麦、そば、落花生、えび、かにです。

 

犬にとってのアレルゲンはさらにトウモロコシや牛肉などが加わります。

 

つまり、それらのアレルゲンになりやすい原材料を使っていないドッグフードこそが、愛犬をアレルギーから守るおすすめのドッグフードだと言うことができるのです。

 


おすすめな無添加ドッグフード

 

 

アレルギーを防ぐおすすめドッグフードは?

 

アレルギーとは、これまで解説してきたように、自分以外の異物に対して反応してしまう病気です。

 

したがって、どんな食材にもアレルゲンとなる可能性はあります。

 

しかし、一般的にアレルゲンとなりにくい食材というものがあり、それらを使い、しかも人間に与えても問題ないほどの品質、ヒューマングレードの原材料を使ったドッグフードこそがおすすめだと言えます。

 

まず筆頭として上げられるのが、オランダで作られたFINEPET’S(ファインペッツ)のドッグフードです。

 

犬のエネルギー代謝や体作りのために必須の動物性タンパク質として、多くのドッグフードがチキンを原料としていますが、このファインペッツのドッグフードは動物性タンパク質の原料として、アレルゲンとなりにくい鹿肉を使用しています。

 

さらに、犬の活動のためのエネルギーとなる穀物も、オートミール、大麦、全粒米などが使用され、アレルギーの原因となりやすい小麦やトウモロコシは使っていません。

 

こういった面からも、アレルギーを防ぐためのドッグフードとしてファインペッツがおすすめできるのです。

 

次におすすめできるのがアーテミスのオソピュアで、その中でもサーモン&ガルバンゾーがおすすめです。

 

オソピュアは、犬のアレルギーの原因となりやすい穀物を一切使っていないグレインフリーのドッグフードです。

 

さらに、その栄養素の基礎となる原材料がガルバンゾー(ひよこ豆)なのですが、それにダッグ肉、バイソン肉、サーモン肉のそれぞれを配合するバリエーションがあります。

 

ダッグ肉もバイソン肉も、わずかですがアレルゲンとなる可能性を秘めています。

 

一方で、サーモン肉はアレルゲンとなりにくいとされています。

 

従ってアレルギーを防ぐならば、オソピュアの中でもサーモン&ガルバンゾーがおすすめと言えるでしょう。

 

当然、オソピュアのこれらの材料はどれも人間が食べても良い、ヒューマングレードのものが使用されています。

 

さらに、牛肉や乳製品などにアレルギーがあるワンちゃんのおすすめなのが、アランズナチュラルドッグフードです。

 

アランズナチュラルドッグフードは、動物性タンパク質の原料を牛肉ではなく生のラム肉としています。

 

しかも、使用する原材料は全部で8種類しかないため、アレルゲンを含んでいるか否かが一目瞭然です。

 

少なくとも、その中にはアレルゲンとなりやすい原材料は見当たらないため、安心してワンちゃんに与えることができます。

 

このように、アレルギーを持っているワンちゃんの健康維持は、ドッグフードに含まれる原材料によって左右されます。

 

是非、上記のおすすめドッグフードを検討して、愛犬の健康を守っていきましょう。

 


おすすめな無添加ドッグフード