犬の健康を考えるなら無添加ドッグフードを選びましょう

アカナドッグフードでアレルギー対策ができるのは嬉しい

 

我が家で飼っている愛犬のハウンドドッグが一年程まえに、耳や口の周り、お腹の下部などに赤い湿疹など、アレルギー性皮膚炎の症状が出ていたんです。

 

それまでも何度か同じような状態を繰り返しては、いつの間にか治癒していたため、深刻には捉えてはいなかったんです。

 

ですが、その時ばかりは事情が違っていました。

 

日増しに症状は悪化するばかり。慌てて病院へ連れて行ったものの、詳しいアレルゲンのテストは週に一度、巡回でやって来るアレルギーの専門医しか行ってないとのことでした。

 

耳の中の炎症を抑える薬だけを処方して貰ってその日は帰宅したんです。

 


おすすめな無添加ドッグフード

 

 

医師のアドバイスに従い、アレルギーの原因の可能性があるハウスダストなどを除去するために、ポーチに置いたイチゴのケージの周りを徹底して掃除した後、周囲の鉢物も全て移動させました。

 

次にそれまで動物病院や、ペットショップで購入していたフードを、安全性を重視したグレインフリー(トウモロコシや麦などの穀物が一切、含まれていない)ものに買い替えることにしたんです。

 

ネットで調べ、多くのメーカーの中から選んだのは、カナダ原産のアカナドッグフード“パシフィックピルチャード”。

 

結果的に2ヶ月かかりましたが、アレルギーの症状は徐々に緩和され、赤い湿疹も消えたんです。痒がることもなくなりました。

 

愛犬の食事について、その重要さを思い知らされたのはその時が初めてでした。

 

愛犬のアレルギー症状に悩んでいるあなたに、アカナのドッグフードをご紹介しますので、自身の愛犬をアレルギーの辛い症状から是非、解放してあげてください。

 


おすすめな無添加ドッグフード

 

 

アカナドッグフードの特徴3つ

 

1.受賞歴のある自社キッチン“ノ―スターキッチン”で生産 

 

アルバータ―州の農業地帯の中心部に位置する生産現場は、品質や安全面の管理など最先端の設備が整っている自社キッチンです。

 

地元で採れた原材料は農家や牧場主、漁師などのビジネスパートナーから仕入れ、冷凍や保存料なしで自社キッチンに搬送されるため、新鮮さが失われることがありません。

 

原材料調達からフードの調理工程まで生産者自身が直接関わり、一貫した生産体制を実現しているのは理想的な環境だと言えます。

 

ペットフードがどこで、どんな管理下で生産されているかが目に見えて分かるのは、購入するものにとって安心につながりますよね。

 

2.AAFCOのペットフード栄養基準 をクリアした原材料

 

アカナの新鮮な原材料は、米国飼料検査官教会AAFCO(Association of American Feed Control Official)の制定するペットフードの栄養基準の規則を満たしています。

 

世界最高水準の栄養に関する情報を用いた規則は、法律的にもりっぱな効力があると言われているんです。

 

そのため、米国の殆どのペットフード製造業者が順守するのも、AAFCOの規則です。

 

栄養基準や栄養素に関するラベル表示のみでなく、消費者のために栄養関連の様々な情報の正確さや,分かり易さも厳密な規則の中で求められています。

 

愛犬の体に有害な合成保存料や人工香料、着色料なども一切、不使用のアカナのペットフード。地元カナダ産の新鮮な肉や魚、そして野菜や果物などがバランスよく配合されています。

 

免疫力の強化、関節痛の予防や炎症の抑制、抗酸化作用、腸内環境の改善等々、含有する様々な有効成分の働きで、愛犬の健康を心身からフルサポートする理想的なペットフードです。

 

3.“パシフィックピルチャード”は食物アレルギーに対応

 

私が購入したのは、食物アレルギーへの危惧や肉が得意でない愛犬のために作られたパシフィックピルチャード”という種類です。

 

アレルギーが懸念されるトウモロコシなどの穀物や卵などは不使用で、原材料のタンパク源が新鮮な天然の太平洋イワシを中心に配合されているんです。

 

イワシに含まれた豊富なDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイゴサペンタエン酸)などは、血液をサラサラにするなどの血清脂質改善作用が一般的に知られています。

 

他にもカルシウム(生イワシの可食部100gの中に70mg)や、その吸収を助けるビタミンDも多く含まれているのもイワシならではですね。

 

このフードを愛犬が生涯食べ続けることになっても、イワシの漁獲量は比較的安定しているため、継続的な供給は可能だと言うことです。

 

これですと、他のフードを受け付けない愛犬に不安なく食べさせてあげることができますよね。

 


おすすめな無添加ドッグフード

 

 

メリット

 

アカナペットフードのラインナップはアカナレジオナル/4種類、アカナシングル/4種類、アカナヘリテージ/9種類の3シリーズから、

 

ライフステージや体調、嗜好に合わせて自身の愛犬にぴったりの一品を、それぞれ4通りのフードのサイズから選べるのは嬉しいですよね。

 

いずれも生産者が厳選したカナダ原産の新鮮な原材料を使用しています。

 

地元カナダ産の原材料は、人間が食べられる食材として認定を受けたナチュラルフードです。

 

米やトウモロコシなど、血糖値が急上昇し易い高G1の穀物の不使用は、インスリンの過剰分泌による脂肪生成の防止に繋がります。

 

結果的に愛犬の肥満への不安が解消され、健康的な体型を維持できるのです。

 

 

デメリット

 

お試しセットやサンプルは作られていません。最小の袋サイズ340g入りを購入して、愛犬の好みや食いつきを判断するようにしましょう。

 

期間限定の割引やまとめ買い割引などの特典が一切、ありません。

 

紙袋入りですので、ナイロン袋入りものとは異なり、使用量のチエックが一目できません。

 

ドッグフードのメーカーとしては、一袋当たりの価格が高いため、即決するのは躊躇するかも知れません。

 

愛犬の食事や健康面の悩みなどを受け付けてくれる相談窓口が存在しないのは、心細いですよね。

 

 

注文方法と価格

 

販売業者が何か所かあり、発送や手数料などがそれぞれ異なっています。ここではアカナ日本総輸入元のアカナファミリージャパンでの購入となっています。

 

他にも通販サイトのアマゾンや楽天などで、アカナドッグフードの取り扱いをしていますので、チェックしてみてください。

 

商品 アカナドッグフード“パシフィックピルチャード”

 

価格は税込みで、340g/994円 2kg/4,579円 6kg/11,232円 11.4kg/16,416円です。

 

支払い方法は、代金引換か、銀行振り込み(振込手数料は購入者負担)の2つの方法のみです。

 

発送は佐川急便とヤマト運輸などを利用しているため、荷物によって送料が異なります。

 

メールで送料も含めた商品の合計金額の通知を受領後、支払うようになっています。

 

返品・交換については、不良品は到着後、7日以内に着払いで返品できます。同じ商品の在庫がある場合は交換、そうでなければ商品代金を返金してくれます。

 

自身の都合による返品や交換はできませんので、注意してください。

 

我が家の愛犬のアレルギーが改善した、アカナのドッグフードについてお伝えしましたが、いかがでしたか。

 

先ず、少量サイズで試してみて、自身の愛犬に合うようでしたら購入を決められたらいいと思います。

 

これで少しでも不安や悩みが解消されたら嬉しいです。

 


おすすめな無添加ドッグフード