犬の健康を考えるなら無添加ドッグフードを選びましょう

健康でいるためのドッグフードとは?まずはリスクを知ろう!

 

愛犬に健康でいて欲しいというオーナーの願いを叶えてくれるドッグフードを手に入れるためには、ドッグフードに潜んでいるリスクについて知ることが重要になります。

 

ドッグフードは愛犬が毎日欠かさず食べるものなので、愛犬にとって必要な栄養素が十分に含まれていることは必要です。

 

しかし、栄養素の含有量が完璧なものであったとしても愛犬の健康が害されてしまうリスクのある成分が含まれている可能性があることは知っておかなければなりません。

 

栄養が足りているかどうかと安全かどうかは別の問題だからです。

 


おすすめな無添加ドッグフード

 

 

ドッグフードに含まれている成分に対してアレルギーを持つ犬がいるというのはまず理解しておく必要があります。

 

ドッグフードはポークやチキン、ラムや馬肉などの肉類、サーモンなどの魚類、とうもろこしや小麦などの穀物などの様々なものが原材料として用いられているのが特徴です。

 

これ以外にもいんげん豆や大豆などの豆類、じゃがいもやさつまいもなどの芋類、野菜やハーブ、海藻なども使用されています。

 

この中の一つに対してであってもアレルギーを持っていると愛犬はいつも苦しみながらドッグフードを食べることになりかねません。

 

あまりにも症状がひどい場合には気づいてあげることができたり、ドッグフードを食べなくなってしまったりするので他のものに変更することは可能です。

 

しかし、軽微な症状だけであれば我慢して食べ続けてしまうことが多く、状態が深刻になってから気づくという場合もあります。

 

安心して与えられるようにするにはできるだけアレルギーのリスクが少ないドッグフードを選ぶことが肝心です。

 

愛犬にはアレルギーが全くないという場合であればこれに関してはあまり気にかける必要はありません。

 

病院に行って検査を受けるとドッグフードに使用しているほとんどの原材料に対してアレルギーがあるかどうかを判定してもらうことができます。

 

予め検査を受けておくと安心ですが、大きな費用がかかってしまうことも確かです。

 

アレルギーが起こりにくいドッグフードの特徴として、使用している原材料の種類が少ないことが挙げられます。

 

様々な原材料を使用していると、それだけアレルギーを持っているものが含まれている確率が高くなってしまうのは明らかです。

 

ミートミールや肉粉、肉副産物のようにどの肉を使用しているか明確ではないものの場合には多種類の肉が使用されている可能性があるので避けるに越したことはありません。

 

使用している原材料が厳選されて数を絞り込んでいる中でも、比較的アレルギーが多いと言われているポークや牛肉、小麦やとうもろこしなどを避け、

 

馬肉やラム、オーツ麦や玄米などを利用しているものに着目するのも良い選び方です。あまり原材料の種類が少ないと栄養が偏ってしまうことがありますが、

 

ビタミンやミネラルなどを添加することで成分調整を行ってあるドッグフードもあります。

 


おすすめな無添加ドッグフード

 

 

ドッグフードを選ぶときには栄養面の補強を行っていることも考慮しておくと安心して与えることが可能です。

 

ドッグフードに潜んでいるもう一つのリスクとして原材料に含まれている有害性の心配がある物質が挙げられます。

 

添加物を使うことでドッグフードは味や風味を整えて成形されていることが多いですが、添加物の中には安全性に関して不安があるものも含まれているのが現状です。

 

規制は行われているので安全なもののみが使用されているとされているのは確かですが、中には十分な検証結果がないものも多く、人では使用してはならないものもあります。

 

ビタミンやミネラルも添加物の一つであり、全ての添加物が悪いわけではありません。

 

香料や着色料、防腐剤や湿潤剤などの不要な添加物を使っていないものを選ぶとリスクを低減させることが可能です。

 

このような添加物の中には人や他の動物の場合に発がん性が疑われていたり、肝臓への毒性が疑念視されていたりするものもあり、

 

蓄積性があって長期的にはリスクが高いと考えられているものもあるので気をつけなければなりません。

 

原材料に含まれている有害性の心配がある物質は必ずしも添加物に由来するわけではありません。

 

原材料そのものにもともと含まれている場合もあるからです。ミートミールなどの天然由来の原材料から製造されたものの場合には、

 

製造工程で何を使用していたとしても表示する必要はありません。

 

また、天然由来の動物や植物であったとしてもリスクはあり、大量の農薬を使って栽培された穀物やそれを食べて育てられた動物であれば農薬が残留しているリスクがあります。

 

ミートミールなどの人工的に作られたものを原材料として用いていないドッグフードを選ぶのはまず大切なことです。

 

それに加えて、使用している動物や植物がどのようにして生産されたものなのかを明確にしているドッグフードにすると安心することができます。

 

愛犬を健康にするためにはこのようなリスクを提言できる安全なドッグフードを与えることが必要です。

 


おすすめな無添加ドッグフード