犬の健康を考えるなら無添加ドッグフードを選びましょう

災害時の犬の餌について

 

いざという時のためにドッグフードも備蓄しておく

 

災害が多発する日本では、日頃からいざという時のための備えをしておくことはとても大事です。

 

自分と家族のために水や食料を準備しておくとともに、愛犬のための必要物資を備蓄することも忘れないようにしましょう。

 

大きな災害が生じたときは、どうしても人間のための援助が優先されるため、ペットのための必要物資が不足しがちです。

 

また、人間と同じように動物も災害によるストレスを抱えますので、大事にケアしてあげることがとても重要なのです。

 

犬の餌を蓄えることに加えて、寒さ対策ができるように犬用の服などを準備しておくこともできるでしょう。

 


おすすめな無添加ドッグフード

 

 

災害に強いドッグフードを準備しておく

 

いざという時のためにドッグフードを備蓄しておくのであれば、災害の際に便利なものを購入しておくと良いでしょう。

 

一つ目の条件としては賞味期限が長く、長期間の保存に耐えられるものです。

 

災害用に犬の餌を保管する場合には、専用のものを用意しておいた方が良いので、普段使いのドッグフードのように使うことはありません。

 

長期間保管しておくことが多いので、いざという時に賞味期限が切れているということがないように、長持ちするドライタイプの犬の餌を準備しておくと良いでしょう。

 

そして、ドライタイプだとウェットタイプより軽いので持ち運びするのにも便利です。

 

すぐに持ち出せるようにそれほど大きな袋ではなく、水を通さないしっかりとした素材のパッケージを選ぶことも重要です。

 

雨が降ってしまい袋から中に水が染みるとドッグフードがダメになってしまうこともありますので、災害の際にはこうした条件を考えることも大事です。

 


おすすめな無添加ドッグフード

 

 

高カロリーの犬の餌を用意しておくと持ちが良い

 

災害の大きさによっては、なかなかペット用の食料が手に入らないこともあります。

 

そのため、少量の犬の餌でも長持ちできるように、高カロリーの食事を準備してあげると良いでしょう。

 

カロリーが高いものだと、あげる量を減らさないといけないケースでも、エネルギー源を維持できますので、避難生活が長くなるとしてもなんとか対応することができるでしょう。

 


おすすめな無添加ドッグフード

 

 

少しでもおやつを準備しておくと良い

 

緊急時にはとにかく生き延びることが先決ですが、できるなら愛犬用のおやつも少量準備しておくと良いでしょう。

 

ペットも災害によって大きなストレスを抱えるものですので、楽しみになるものを与えることが大事です。

 

持ち出せるものには限りがありますが、ほんの少量でも構わないので、小分けのパックでも避難袋に忍ばせておくと、避難時でも愛犬が元気に過ごす助けになるでしょう。

 

避難生活中は人間と同じようにかなりの不自由を強いられますので、せめて犬の餌くらいは楽しみの時間を作れるようなものを用意してあげると良いでしょう。

 

いざという時のための備えに、自分と家族だけでなく大事な愛犬のための品目を加えるようにして、一緒につらい時期を乗り越えられるようにしましょう。

 


おすすめな無添加ドッグフード