犬の健康を考えるなら無添加ドッグフードを選びましょう

若犬に向いている犬の餌

 

1歳を過ぎてしっかりとした体になると、犬の活動は急に活発になり動く範囲が広くなりますし、その動き方もかなりダイナミックになります。

 

そのため、より栄養のしっかりとした犬の餌が必要となります。

 

活発な活動を支えるだけでなく、体の成長が依然として続いている状態でもありますので、体を作るための栄養分も必要となります。

 

そのため、カロリーを摂るだけでなく、良質なたんぱく質を摂取して筋肉を作ることや、カルシウム不足を防ぎしっかりとした骨格にすることを意識しなければなりません。

 


おすすめな無添加ドッグフード

 

質の高い肉類を使っている犬の餌を選ぶ

 

若犬の時にしっかりとした食事を摂っていないと、年を取ってからいろいろな病気をするようになったり、怪我をしやすくなったりします。

 

そのため、しっかりとした体を作る源となる肉類にこだわっている犬の餌を選ぶようにしましょう。

 

本来ドッグフードは、穀物の使用はほとんどされていない、もしくは全く使用されていないものを選ぶべきで、肉類がメインとなっている商品を優先して購入することが肝心です。

 

そして、同じ肉類でも死んだ動物の肉などを使っている、いわゆる4Dミートと呼ばれるような品質に疑問が付く原料ではなく、きちんと鶏ささみなどの固有の材料が記載されているものを選ぶようにしましょう。

 

質の高い肉類を使っているドッグフードは、愛犬の健康を守るための基本と言えるものです。

 

 


無添加ドッグフードの選び方

 

 

ドッグフードの量に気をつける

 

若い犬は行動が活発なので、どうしても食事の量が多くなります。

 

当然食べた分だけエネルギーを消費しているのであれば問題ありませんが、つい食べ過ぎてしまって肥満傾向になりがちな犬もいます。

 

特に室内犬の場合は、行動範囲が狭くなるため、室外犬よりも肥満傾向に陥りがちです。

 

一度肥満もしくはたくさん餌を食べる習慣が付いてしまうと、ダイエットをすることが難しくなりますので、日頃から食べる量には気をつけるようにしましょう。

 

商品のパッケージにグラム当たりのカロリーと一日当たり必要なカロリーの表が記載されていることが多いので、それを参考にしながら与え過ぎないように気をつけましょう。

 

 

人間の食べ物を与え過ぎないように

 

若犬は食欲も旺盛ですし、飼い主と一緒に過ごしたいという気持ちも強いので、人間が食事をしていると、その食事を欲しがってくることが多くなります。

 

人間が食べているものをあげても少しなら問題ないですが、常にいろいろな食べ物をあげる習慣がついてしまっていたり、たくさんあげて肝心の無添加ドッグフードをあまり食べないということがあると、栄養バランスが崩れてしまい高血圧や糖尿病などの病気を引き起こしかねません。

 

あげたいという気持ちを抑えて、愛犬の健康を考えるようにしましょう。

 

ドッグフードは犬の栄養を考えて作られていますので、犬の餌としてふさわしくない人間の食事よりもずっと健康的です。

 

ドッグフードをしっかりと食べられる環境を保つことが重要です。

 

 


無添加ドッグフードの選び方