犬の健康を考えるなら無添加ドッグフードを選びましょう

皮膚炎になった時の犬の餌

犬が皮膚炎になってしまった時の犬の餌の選び方についてお話してみたいと思います

 

参考にしてみてください。

 

ドッグフードでアレルギー反応を起こして皮膚炎を発症することも

 

犬も人間と同じように皮膚炎に悩まされることがあります。

 

代表的な症状としては、毛が抜け落ちてしまって地肌が見えるほどになってしまう、かゆみのあまりいつもかいている、もしくはかんでしまって傷つけてしまう、といったものがあります。

 

皮膚炎は犬にとっても不快なものですので、できるだけ早く治してあげるようにしましょう。

 

皮膚炎になってしまう原因はいくつか考えられますが、ドッグフードが原因となることもあります。

 

犬の餌に含まれている何らかの物質がアレルギー反応を起こしてしまい、それが皮膚に出てしまうのです。

 

 


おすすめな無添加ドッグフード

 

 

良質なタンパク質が含まれた犬の餌を与える

 

犬が食事でアレルギー反応を引き起こすものとして多いのが、たんぱく質と炭水化物です。

 

その中でも、たんぱく質によるアレルギー反応は比較的多いので、良質な肉類を使っているドッグフードを選ぶようにしましょう。

 

4Dミートなどの出所が不確かなものは使わずに、原材料の表記がしっかりとしているものを選ぶのが肝心です。

 

ドッグフードの中には、たんぱく質アレルギーに対処するために、いろいろな種類の肉を使わずに、鶏肉のみを使用しているものもあります。

 

こうした犬の餌を使うと、たんぱく質によるアレルギーのリスクをできるだけ減らせますし、皮膚炎になった時に使用することで、原因を突き止めるのに役立ちます。

 

 

体力・免疫が落ちていることもある

 

皮膚炎になっている時は、愛犬の体力や免疫が下がっているケースが多く見られます。

 

アレルゲンやウイルスなどに対抗する力が弱まってしまうために反応を起こしてしまうのです。

 

また、皮膚炎になっていると、それに対処するために体内でいろいろな免疫作用が働くことになりますし、かゆみや痛みなどで十分に寝られないために体力が余計に落ちてしまうものです。

 

そこで、犬の餌を工夫して愛犬の体力を上げてあげることを考えましょう。

 

高たんぱく質でビタミン類、ミネラル類がしっかりと含まれているものを選ぶようにして、体内から皮膚炎に対抗できるようにします。

 

シニア犬向けのドッグフードを選んでしっかりと栄養を摂ってもらうようにするのも良いでしょう。

 

 

ケアをしっかりと丁寧にしてあげる

 

このように、愛犬が皮膚炎になってしまったら、普段使っているドッグフードを無添加ドッグフードに変えてみるなどして、症状が改善しないかどうかを見てみると良いでしょう。

 

それに加えて、日頃のシャンプーやブラッシングなどのケアの仕方を変えることもできます。

 

シャンプーの種類を変えてみたり、刺激の少ないタイプを使ってみたりできるでしょう。

 

また、乾燥によって皮膚炎がひどくなることもありますので、部屋の湿度を上げてあげるなどの対応も大事です。

 

ちょっとした環境の変化で皮膚炎が改善したり、少なくてもかゆみや痛みが和らいだりするものですので、丁寧にケアしてあげるようにしましょう。

 

 


おすすめな無添加ドッグフード