犬の健康を考えるなら無添加ドッグフードを選びましょう

健康に良いドッグフードとおいしさは比例することが多い

犬の餌を決める際に大きな基準となるのは、安全で病気を防ぐことができる健康的なものかというものですが、愛犬が喜んで食べてくれるかどうかというのも大事なポイントです。

 

しっかりと食べてくれないと十分な栄養が摂れませんし、飼い主としても心配になってしまいます。

 

犬にとっておいしくて食いつきの良いドッグフードを見つけるというのはとても重要です。

 

しかし、健康に気遣った品質の良いものは味が良く、愛犬にも喜んでもらえる可能性が高いという傾向があり、健康面で優れた犬の餌を見つければ愛犬が喜んで食べてくれますので、さほど悩むことはないでしょう。

 


おすすめな無添加ドッグフード

 

犬の餌に不要な添加物を減らせるのでよりおいしくて安全

 

犬の病気と怪我予防に優れた健康的な犬の餌は、原料にもしっかりとこだわった高品質なものばかりです。

 

原料が良くて味がしっかりとあるため、それだけでも十分愛犬が喜ぶようなおいしい食事となりますので、飼い主も満足することができます。

 

そして、品質の高い原料を使っていると香料などの添加物を入れる必要がなくなりますので、より愛犬の健康を守るものとなるというのも大きなメリットです。

 

さらに、おいしさを保っているうちに食べきれるようにと、小容量でのパッケージとなっていることが多いので、保存料や防腐剤の使用も控えることができて、より安全性が増すことになります。

 

 


おすすめな無添加ドッグフード

 

 

 

肉類が多いドッグフードは愛犬も喜ぶ

 

犬の健康を考えた高品質のドッグフードは、穀物の使用をできるだけ控えている、もしくは穀物不使用ということが多い傾向にあります。

 

その分、肉類をふんだんに使っていてより高たんぱく質の栄養バランスとなっています。

 

麦や米、トウモロコシなどの穀物はカロリーを増やすことができますし、ボリュームも増しますのでコストダウンには優れていますが、犬の餌の栄養という観点から見るとマイナスポイントです。

 

そして、犬の好みという面でも、やはり穀物類よりも肉類の方が優れていますので、肉類がふんだんに使われているドッグフードは、愛犬の食いつきも良くなります。

 

 

老犬になっても食べやすい犬の餌

 

老犬になってくると、若い時のようにはたくさんのドッグフードを食べなくなってしまいます。

 

もちろん、年齢によって必要とする栄養素のバランスも変わってくるのですが、食事量が減ってしまうと十分な栄養が摂れないこともあります。

 

そのため、老犬の場合は特においしくて栄養価の高いものを選んであげる必要があります。

 

犬の餌の中には、若い犬向けのもの、子犬用、老犬用と分かれている商品がありますので、年齢に応じて無添加ドッグフードを使い分けるようにしましょう。

 

老犬用のドッグフードは、ビタミン類やカルシウムなどが強化されているとともに、軟らかく加工されていて食べやすい工夫がなされています。

 

いつまでも元気にいてもらうためにも、愛犬に合った食事を選んであげるようにしましょう。

 


おすすめな無添加ドッグフード