犬の健康を考えるなら無添加ドッグフードを選びましょう

多頭飼いしている場合の犬の餌選び

 

年齢や犬種によってドッグフードの種類を変える

 

犬は雑食動物ですので、いろいろな食品を摂ってもすぐに大きな影響を受けることはありませんが、やはり病気予防や怪我予防のことを考えると、

 

犬種や年齢によって犬の餌を変えてあげるのがベストです。

 

特に子犬やシニア犬は、必要な栄養分のバランスがアダルト犬とは異なりますので、十分配慮してあげるようにしましょう。

 

また、犬種によっては犬の餌に含まれる栄養分を考慮してあげないと、関節炎になったり怪我をしやすくなったりしますので、

 

健康的な生活を送るために最適の栄養バランスを維持することはとても重要ですよ。

 


おすすめな無添加ドッグフード

 

 

何頭も飼っていると栄養コントロールが難しくなることも

 

 

同じ家の中で何頭も犬を飼っていると、栄養のコントロールが難しくなることがあります。

 

すべてのペットが同じ犬種、年齢であれば問題ありませんが、個体による差が大きいと犬の餌を分けてあげないとしっかりとした管理ができません。

 

しかし、たいていの場合は同じ時間に同じ場所でドッグフードをあげることが多くなりますので、それぞれの個体に分けてドッグフードを変えるのが難しくなるのです。

 

特定の愛犬のために栄養バランスが考慮されたものを用意してあげても、他の愛犬のものを欲しがったり、逆に他の愛犬がその食事を取ってしまうこともあります。

 


おすすめな無添加ドッグフード

 

 

自分の食事を食べるように根気強く教える

 

こうした事態を避けるために、子犬のうちから自分に用意されたドッグフードのみを食べるように教えてあげましょう。

 

専用のボールを用意してあげて、それ以外からは犬の餌を取らないように教えていきます。

 

こうした習慣が付くと、同じ時間に他の愛犬と一緒に食事をするとしても、しっかりと自分のために用意された栄養バランスの取れたものだけを食べてくれるようになります。

 

最初のうちはなかなか従ってくれず苦労することもありますが、根気強く教えていくようにしましょう。

 

そして、食事の時間の時には愛犬と一緒にいるようにして、ちゃんと自分の食事を摂っているかどうかをチェックすることも大事です。

 


おすすめな無添加ドッグフード

 

 

個体ごとに犬の餌の必要なカロリーが異なることも覚えておく

 

 

犬種や年齢、個体ごとに必要な栄養分が異なりますが、同時にカロリーの摂取量も異なってきますので、その違いを把握しておくようにしましょう。

 

同じ犬種でも個体の大きさなどによって必要とするカロリーが変わってきます。

 

また、筋肉量や活動の活発さなどによっても変わってきて、まったく同じ条件の犬の餌を与えても、太ってきてしまう犬もいれば、同じ体型を維持する犬もいます。

 

じっくりと観察してそれぞれの違いを見分け、最適な量の餌をあげるようにしましょう。

 

ドッグフードのあげ方によって愛犬の病気と怪我の防止効果がかなり変わってきますので、それぞれの個体に合ったドッグフードのあげ方を工夫する必要があります。

 

最初は苦労しますが慣れると楽になりますので、チャレンジしてみましょう。

 


おすすめな無添加ドッグフード