犬の健康を考えるなら無添加ドッグフードを選びましょう

ドッグフードとアレルギーの関係性

 

犬にもアレルギー症状が出ることがある

 

犬も人間と同じようにアレルギー症状を示すことがありますので注意しましょう。

 

犬のアレルギーの大半は食事によって起こりますので、愛犬の健康を第一に考えるのであれば、アレルギー反応を引き起こすようなものがないかをしっかりとチェックして、安全なものをあげるようにしましょう。

 

犬のアレルギー症状はいろいろな形で出ますが、人間と比べて分かりづらいこともありますので注意が必要です。

 

代表的なものとしては、下痢や皮膚炎が挙げられます。

 

他の原因によるケースもありますが、ずっとこうした症状が続いて慢性化しているのであれば、犬の餌によってアレルギー反応が出ている可能性も考慮すべきでしょう。

 


おすすめな無添加ドッグフード

 

 

個体によってアレルギーの原因が異なる

 

同じ犬の餌を与えているとしても、アレルギー反応が起こる犬もいれば、激しい症状を引き起こすものもいます。

 

個体によって何に反応するかは異なりますので、複数の犬を飼っているのであれば、それぞれの犬で特徴的な体調不良の症状が出ていないかを観察するようにしましょう。

 

また、ある犬には大丈夫だったからと同じドッグフードを他の犬に与えるとアレルギー反応を示すこともありますので、アレルギー体質の愛犬がいるのであれば、新しいドッグフードを試すときは慎重に体調をチェックしてあげましょう。

 


おすすめな無添加ドッグフード

 

 

ドッグフードの中にアレルギー反応を起こしやすいものが含まれていることも

 

個体によってアレルギー反応が出るかどうかは異なりますが、一般的にアレルギー反応が出やすいものもありますので、犬の餌を買う時には注意しましょう。

 

その一つが乳製品です。

 

人間と同じように犬にも乳糖不耐症の個体もいて、ミルクや乳由来の原料に反応して下痢などの症状をもたらすことがあります。

 

また、安価な犬の餌のほとんどに含まれている穀物も愛犬にアレルギー反応をもたらすことがありますので注意しましょう。

 

消化不良や皮膚炎などの症状が出ることがあり、慢性的にこうした症状が出ている場合は、ドッグフードによって病気のリスクが高まっている可能性を考えるようにしましょう。

 


おすすめな無添加ドッグフード

 

 

犬の餌の保管のまずさによってアレルギーを引き起こすことも

 

このように、ドッグフード自体に含まれている物質によって愛犬にアレルギー症状が出ることがありますが、犬の餌にアレルゲンが含まれていないのに体調が悪くなることもあります。

 

その原因の多くは保管のまずさにあり、ドッグフードにカビが生えていたり腐敗して細菌が繁殖しているために引き起こされます。

 

ドッグフードは悪くなっていても気づかないケースが多く、知らずに愛犬が食べてしまって健康を害してしまうこともあるのです。

 

夏場は特にこうした症状が出やすくなりますので、開封後はできるだけ早く使い切ることや、安全な場所に保管することを意識しましょう。

 

せっかくの高品質の商品でも、保管の仕方がまずいと愛犬に悪影響を与えてしまうことがあるのです。

 


おすすめな無添加ドッグフード