犬の健康を考えるなら無添加ドッグフードを選びましょう

ドッグフードの大きさや形の重要性

犬の餌を選ぶ際には考えるべき要素はたくさんあり、ドライタイプかウェットタイプにするか、どんな原材料を使っているかなど、比較対象を挙げるときりがありません。

 

その中でも、ドッグフードの形と大きさに注目することができます。

 

というのも、犬の餌の形や大きさによって、食べやすさが変わってきますし、場合によってはその大きさによって品質の良さが分かることもあるからです。

 

たとえば、かなり大きめの形に加工されているものは、加工やパッケージングのためのコストがあまりかからないということもあって、安価なドッグフードによく見られます。

 

一方で、子犬やシニア犬でも食べやすいように小さ目に作られているものは、製造コストが若干かかるため、品質が高めの傾向にあります。

 

こうした違いに注目して犬の餌を選ぶのも良いでしょう。

 


おすすめな無添加ドッグフード

 

年齢によって犬の餌の種類を変える

 

ドッグフードの形と大きさは、犬種や年齢、個体の大きさによって変化させるべきです。

 

子犬やシニア犬はかむ力が弱く、消化する力も弱い傾向がありますので、できるだけ小さめに作られているものを選ぶと良いでしょう。

 

また、老犬だと丸めに作られているものを喜んで食べる傾向にあります。

 

角ばった形のものだと口やのどにあたって、痛みもしくは違和感を覚えるためです。

 

犬の好みや健康のことをしっかりと配慮しているメーカーでは、こうした細かな点まで考慮して加工していますので、飼い主も安心してあげることができるでしょう。

 

 

犬種や個体の大きさによる違い

 

年齢だけでなく、犬種や個体の大きさによっても、犬の餌の大きさや形を変えてあげると良いでしょう。

 

小さい犬の場合は、ドッグフードも小さ目にした方が食べやすく、食べた跡もきれいになります。

 

大きいとどうしても他の場所に持って行って食べることが多くなりますので、家の中のいろいろなところが汚れてしまうのです。

 

また、逆に大きな体を持つ愛犬であれば、少し大きめの形の犬の餌にしてあげると食べやすいでしょう。

 

あまり小さいと、口からボロボロとこぼれてしまって周りが汚れてしまうこともあります。

 

犬種ごとに栄養成分を変えているドッグフードであれば、こうした形や大きさの配慮もしてありますので、余計な心配をせずにあげることができるでしょう。

 


おすすめな無添加ドッグフード

 

 

形や大きさを変えるだけで食いつきが変わってくることもある

 

ドッグフードの良さを決めるのは、栄養や味だけではありません。

 

愛犬があまり喜んで食べてくれないと思ったら、異なる形や大きさの商品を試してみると良いでしょう。

 

食べやすさが違うだけで、かなり食いつきが変わってくることもあります。

 

ちょっとした違いに見えますが、実際に食事をしている愛犬からすると大きな違いですので、試してみる価値が十分にあると言えるでしょう。

 

特にシニア犬の場合はこの傾向が強いので、いろいろなタイプの商品を試してみることができますよ。

 


おすすめな無添加ドッグフード