犬の健康を考えるなら無添加ドッグフードを選びましょう

ドッグフードを買うときは産地をチェックしましょう

犬の餌は直接愛犬の健康に関係するものですので、できるだけ信頼できるメーカーのものを選ぶのがベストです。

 

そのためにも、しっかりとドッグフードのパッケージをチェックするようにしましょう。

 

原材料や栄養表示、加工方法についての表記を確認するとともに、加工や原料の産地についてもチェックすることが肝心です。

 

ペットフードメーカーの大手は、グローバル企業となっていることもあり、世界中で製造がなされていますので一概には言えませんが、場合によっては産地のチェックをすることで、その加工の信頼性を確認することができます。

 


無添加ドッグフードの選び方

 

特に原材料の産地のチェックをするように

 

産地の表示方法はペットフードメーカーによってかなり異なります。

 

というのも、人間用の食品とは異なり、ペット用の食事については明確な法律が定まっていないことが多いということもあり、それぞれの会社が独自の基準を定めているからです。

 

逆の見方をすれば、より細かくきちんとした産地表示をしているところは、しっかりとした基準を持っていて、信頼できるところであると言えるでしょう。

 

特に原材料の産地については、まったくと言ってもいいほど記載がないところもあれば、かなり細かく記載しているところもあります。

 

いろいろなメーカーの商品を比べてみて、どのような基準で表示を行っているかを調べてみると良いでしょう。

 


無添加ドッグフードの選び方

 

ドッグフードの肉類の表示はしっかりと確認する

 

犬の餌として重要なのは、たんぱく質の品質です。

 

というのも、犬が必要とする主要な栄養はたんぱく質で、肉類がメインとなっているからです。

 

安価なドッグフードだと、コストのかかる肉類の配分を減らして穀物を多く配合しています。

 

また、より安い原料を調達するために、純粋な肉だけでなく内臓やくちばし、爪など動物のすべてを粉砕して使っているケースもあります。

 

こうした原材料を使用しているものでは、肉類の産地表示がなされていることはあまりありません。

 

それどころか、どの肉を使っているかすら分からず、単にミートミールという表示がされているだけということもあります。

 

こうした表示の仕方をしている犬の餌は、コストダウンのために質の落ちる原材料を使っていることを示していますので注意しましょう。

 


無添加ドッグフードの選び方

 

国産にこだわる犬の餌もある

 

ほとんどの市販されている犬の餌は外国で加工されていますし、原材料も世界各国いろいろなところのものを使用しています。

 

しかし、愛犬の健康を第一に考え、安心できる犬の餌を提供しようとしているところでは、国産にこだわり、原材料の調達も最終的な加工もすべて国内で行っているというケースもあります。

 

もちろん、その分コストに跳ね返ってきますので、商品価格は上がることになりますが、それだけの価値がある商品と言えるでしょう。

 

とりわけ、どこでどのように作られているかがはっきりと分かるので、安心して愛犬にあげられるという安心感があるのがうれしいところですね。

 


無添加ドッグフードの選び方