犬の健康を考えるなら無添加ドッグフードを選びましょう

ドライタイプとウェットタイプ、どちらのドッグフードがいい?

市販されている犬の餌はたくさんの種類がありますが、たいがいはドライタイプのものです。

 

ドライタイプのドッグフードにはいろいろなメリットがありますので、メーカー側も飼い主側も使いやすいからです。

 

その理由の一つは価格の安さです。

 

加工がしやすくいろいろな大きさにパッケージできますので、大量に作って大容量で販売することができるのです。

 


おすすめな無添加ドッグフード

 

また、日持ちの良さもメリットの一つです。

 

大量に買い置きしても長持ちしますので、保管しやすいという大きな利点があります。

 

こうしたメリットのために、多くの犬の餌はドライタイプとなっています。

 

ドライタイプの犬の餌のデメリット

 

ドライタイプのデメリットの一つは、シニア犬や子犬の場合、固さが原因で食べづらく食いつきが悪くなることがあるということです。

 

また、日持ちがしやすいからと、ついかなりの期間保管し過ぎて品質が落ちてしまうことがあるという点も挙げられます。

 

特に、犬用の食事には脂肪分が含まれていることが多いため、脂肪分が空気に触れて酸化してしまうことが多くなります。

 

酸化した脂肪は愛犬の健康を損なうものとなるため、保管には十分な注意が必要となります。

 

さらに、ドライタイプの犬の餌をあげていると、水分補給が思うようにできないこともあります。

 

特に年を取った犬は水を飲むのが少なくなることもありますので、しっかりと水分を摂ってもらうための工夫が必要となります。

 

 


無添加ドッグフードの選び方

 

 

ウェットタイプのドッグフードを使うメリット

 

ウェットタイプの犬の餌は、なんといっても新鮮な材料を使っていることや質の良い肉類を使っていることが多いので、安全で健康的な食事を与えられるということでしょう。

 

また、味も良いので愛犬が喜んで食べてくれるというのも飼い主にとってはうれしいところです。

 

そして、ウェットタイプであるため、小容量のパッケージになっていることがほとんどで、お試し用に購入するのが楽という点も挙げられます。

 

また、ドライタイプより水分が多いので、犬の餌を食べると同時に水分補給ができるというのも、愛犬のタイプによってはメリットととなります。

 

 

ウェットタイプの犬の餌のデメリット

 

ウェットタイプのドッグフードを使うデメリットとしては、やはりコストがかかるということでしょう。

 

ドライタイプの数倍の値段がすることもありますので、事前にしっかりと予算をチェックするようにしましょう。

 

また、ウェットタイプのドッグフードは日持ちせず、基本的に使い切りというのが原則です。

 

そのため、一度出したらその場で食べてもらうか、少なくてもその日のうちに食べきってもらわなくてはいけません。

 

日が経つとカビてきたり腐ったりしますので、愛犬に病気をもたらすことになりかねません。

 

このように、ドライタイプ、ウェットタイプにはどちらにもメリットデメリットがありますので、その良さを比較して愛犬にマッチするドッグフードを選ぶようにしましょう。

 

 


無添加ドッグフードの選び方