犬の健康を考えるなら無添加ドッグフードを選びましょう

成長が速いため安全性の高いドッグフードを選ぶ必要がある

子犬はとても成長が速く、栄養の吸収も大人の犬に比べるととてもスムーズです。

 

また、必要とする栄養分の種類も量も多いため、子犬のうちにしっかりとした犬の餌を与えていないと、大人になってから病気や怪我をしやすくなってしまう可能性があります。

 

将来のことを考えて、きちんとしたドッグフードを選んであげるようにしましょう。

 

また、子犬は体がしっかりとできあがっていないため、大人の犬よりも病気、怪我ともにしやすい傾向にあります。

 

毎日の食事で十分な栄養を摂ることで、健康的に成長することができるようになりますので、犬の餌をじっくりと考えてあげることはとても重要です。

 


おすすめな無添加ドッグフード

 

吸収の良い良質のたんぱく質が含まれた犬の餌をあげる

 

子犬の体を作るのに重要な栄養素はたんぱく質です。

 

たんぱく質は筋肉を始めとする体のほとんどの器官に必要なもので、成長にはどうしても欠かせません。

 

すくすくと元気に成長するためには、質が良くて吸収の良いたんぱく質が豊富に含まれているドッグフードを見つけるようにしましょう。

 

たんぱく質とは、具体的に言うと鶏肉や豚肉、ラム、牛肉などの肉類を指します。

 

愛犬の健康を考えたしっかりとしたドッグフードは、どの肉を使っているかがはっきりと明記されていますが、コストダウンを考えた商品は、はっきりとした肉類の表記がなく、ミートミールなどの呼称が使われることが多い傾向にあります。

 

ミートミールという表記の場合は、4Dミートと呼ばれる、病気の動物や死んだ動物の肉が使われている可能性が高いと言えるでしょう。

 

また、肉の部位だけでなく、くちばしや爪、脳など動物のすべての部位がミックスになっていることも多い傾向にあります。

 

 


無添加ドッグフードの選び方

 

 

 

脂肪の表記にも注意して選ぶようにする

 

子犬の成長に大事なのが脂肪類の摂取です。

 

脂肪類は血管や様々な器官の成長に欠かせないものですので、良質な脂肪分を摂るようにしましょう。

 

しっかりとした子犬用のドッグフードでは、脂肪の材料にもこだわっていて、どの原料を使っているかが表記されています。

 

しかし、価格を下げることを重視している犬の餌では、どんな脂肪を使っているかが分からず、その安全性に保証がありません。

 

脂肪は酸化しやすいため、質の劣るものを使っていると子犬の成長を促すどころか、健康を害すことにもなりかねませんので十分な注意が必要です。

 

また、脂肪の酸化を防ぐために、大量の酸化防止剤を添加することにもつながりますので、デメリットが大きくなりますよ。

 

 

カロリー摂取量にも気をつける

 

子犬は成長が速い分、たくさんの犬の餌を必要とします。

 

しかし、食べ過ぎるあまり肥満に陥ってしまうリスクも高いので気をつけましょう。

 

それぞれの犬種や年齢によって必要なカロリー摂取量が異なりますので、愛犬の必要量を確認して、与える犬の餌の量を調整するようにしましょう。

 

それによってベストの体重を維持できるようになります。

 

 


無添加ドッグフードの選び方