犬の健康を考えるなら無添加ドッグフードを選びましょう

ドッグフードによって体臭がきつくなることもある

 

飼っている犬の臭いが気になるという人は結構いるものです。

 

室内犬だと臭いがきつくなってしまうと、生活環境が悪くなりますので、きちんと体臭対策を施してあげなければなりません。

 

愛犬の臭いに関係する要素はいくつかありますが、犬の餌が臭いを出したりきつくしてしまったりすることもありますので、もし体臭が強くなっていると思うのであれば、ドッグフードを変えてみることもできるでしょう。

 

愛犬の健康とともに、体臭にも大きな影響を与えるものとなりますので、しっかりと考えて上げることはとても大事だと言えます。

 


おすすめな無添加ドッグフード

 

質の悪い犬の餌は臭いを強く出すこともある

 

 

犬の体臭にはいろいろな要因が関係していますが、質の悪い犬の餌をいつも与えていると、どうしても体臭がきつくなってしまいます。

 

というのも、質の悪い材料ばかりを使っているドッグフードは、それ自体に強い臭いがついていることが多く、口や胃にその嫌な臭いが染みついてしまうからです。

 

また、体毛に犬の餌の粉が付着してしまい、それが取れずにいると体全体が臭くなってしまいます。

 

一方で、きちんとした原材料を使っているものは、嫌な臭いがすることもなく、愛犬の体臭をきつくすることもないので、質の高い原材料を使っているというのを売りにしている商品を選ぶようにしましょう。

 

 


無添加ドッグフードの選び方

 

 

消化が悪いと体臭がきつくなることも

 

以前よりも愛犬の体臭がきつくなっていると感じたら、消化不良を起こしている可能性を疑うことができます。

 

犬は本来穀物の摂取をほとんど必要としませんが、安いドッグフードにはつなぎのためにトウモロコシなどの穀物がたくさん含まれています。

 

穀物が多いと、消化がうまくできずに消化不良を起こしたり、アレルギー反応を示してしまったりすることがあります。

 

こうしたトラブルは愛犬の体臭という形で現れることもありますので、体臭が強くなってきたなと感じたら、犬の餌の原材料を確認してみるようにしましょう。

 

無添加ドッグフードに変えるだけでも、かなり体臭が改善されることもありますので、チェックする価値が十分にあると言えますよ。

 

 

日頃のケアをしっかりとして体臭を防ぐ

 

このように、愛犬の体臭は毎日の食事が大きく関係していることがありますが、日頃のケアもとても大事ですので、きちんと気遣いを示してあげましょう。

 

定期的にシャンプーをしてあげることや、歯磨きをしてあげることも大事です。

 

特に年を取ってくると新陳代謝が落ちてしまったり虫歯になりやすくなったりしますので、以前よりも日頃のケアに気を配ることはとても大事です。

 

体臭が急に強くなった場合は、なんらかの消化器系の病気を抱えている可能性もありますので、愛犬の状態を知るバロメーターともなります。

 

犬の餌と共に、こうした日頃のケアをきちんと考えてあげて、愛犬の病気と怪我を予防していつまでも元気に過ごしてもらえるようにしましょう。

 

 


無添加ドッグフードの選び方