犬の健康を考えるなら無添加ドッグフードを選びましょう

無添加ドッグフードが犬の餌に最適な理由

お店に行くとたくさんの種類の犬の餌を見つけられることでしょう。

 

同じように見えるとしても、価格や使っている材料には大きな差がありますし、犬の年齢や種類によっても分けられています。

 

そのため、どんなドッグフードを選んだらよいか迷ってしまうという人も多くいます。

 

愛犬のためになる犬の餌を選ぶ際には、メーカーもしくは商品が、どのようなコンセプトによってドッグフードを作られているかをチェックすると良いでしょう。

 

コストパフォーマンスを重視して、大きな袋で安く販売しているところもありますし、小容量でも栄養価が高く犬の健康を第一に考えているものもあります。

 

パッケージのコピーや価格などによって、ある程度ドッグフードのコンセプトが見えてきますので、その違いを把握すると良いでしょう。

 

 


おすすめな無添加ドッグフード

 

 

健康重視のドッグフードの特徴

 

数ある犬の餌の中でも、犬の健康を重視した商品があります。

 

こうした商品もしくはペットフードブランドは、あまり大きな袋での販売をせずに小容量での販売を行っている傾向が見られます。

 

その理由の一つは添加物をできるだけ少なくするためです。

 

大きな袋で販売されていると、どうしても消費しきるまでに時間がかかってしまうため、保存料を始めとする添加物を余計に入れなければならなくなり、犬が病気しやすくなるというリスクが高まります。

 

小容量であれば添加物の含有を減らすことができるため、より健康的な食事を摂れることになるのです。

 

ドッグフードの管理や保管もしやすくなりますので、より安全性も高まるというメリットもあります。

 

 

犬の餌に含まれる原材料に注目する

 

人間には向いているものの、犬の餌としては向いていない食品というものが存在します。

 

その一つが穀物類です。

 

人間は生きていくために炭水化物がエネルギー源となっていますので、米や麦などの穀物類を毎日摂取する必要があります。

 

しかし、犬の場合は穀物の摂取を人間ほど必要としません。

 

もっとも、犬は雑食動物ですので、穀物を食べても問題ありませんが、人間より肉食の傾向が強いため炭水化物を摂り過ぎると、アレルギー反応や病気になりやすくなるなどの影響を受けることがあります。

 

そのため、できるだけ穀物が少ないもの、場合によっては穀物が含まれていないものを選ぶと良いでしょう。

 

 

栄養表示をチェックしてみると良い

 

市販されている多くの無添加ドッグフードには栄養表示が記載されていますので、いろいろな商品を比較してみると良いでしょう。

 

犬種や年齢などによって必要とする栄養素のバランスが変わってきますし、健康を重視したものかどうかも栄養分が変わってきます。

 

犬の餌は人間のものとは違うので、どんな栄養バランスが優れているか分かりづらいところもありますが、たんぱく質の割合が高いものや、年齢に合わせてビタミン類のバランスが調整されている
ものなどを見てみると、愛犬にマッチした商品を見つけることができるでしょう。

 

 


おすすめな無添加ドッグフード