犬の健康を考えるなら無添加ドッグフードを選びましょう

健康に大きく影響するドッグフードは無添加ドッグフードが最適です

 

愛犬の健康を考えると、ドッグフードの中身をしっかりと調べることはとても重要です。

 

毎日の犬の餌によって病気になってしまうこともありますし、毛並みや体臭など見た目に影響することもあります。

 

また、場合によっては、犬の餌によってアレルギー反応を起こしてしまって急な体調不良を引き起こすこともあります。

 

このように、愛犬にいつまでも元気にいてほしいと思うのであれば、犬の餌のことをしっかりと調べて、安全かつ健康的なものをあげなければならないのです。

 

 

 

無添加の犬の餌を選ぶ

 

病気や怪我を防ぎ健康的な生活を送るための犬の餌として優れているものの条件はいくつかありますが、その一つは添加物が含まれているかということです。

 

人間の食品と同じように、できるだけ添加物が含まれていないものの方が体に悪影響を及ぼすことが少なく、愛犬の成長に寄与するため、できるだけ無添加のものを選ぶことが大事です。

 

もちろん、ある程度保存料などの添加物が含まれているのは仕方のないこともあります。

 

保存料が入っていないとすぐにかびてしまったり腐ってしまったりするものもあり、逆に愛犬に下痢を引き起こすなどの被害をもたらすこともあります。

 

一方で、作り方やパッケージングに工夫を凝らすことで保存料を入れなくても問題がないという商品もあります。

 

完全に無添加の商品というのは全体で見ると少ないですし価格も高いので、バランスを取ることが重要です。

 

少なくても、できるだけ添加物が少ないものの方が健康に良いことには変わらないので、ペットフードのパッケージに書かれている原材料表示をしっかりと確認するようにしましょう。

 

 

着色料など不要なものは避ける

 

少量の保存料などは場合によってはある程度の必要性が認められるものもありますが、犬の餌としての品質を考えるとなくても問題がないという添加物はかなりあります。

 

その代表例と言えるが着色料です。

 

ドッグフードの見た目の良さのために着色料を入れているものはかなり多くありますが、着色料は品質はもちろんのこと、愛犬の好みにも影響しません。

 

人間から見る見た目の良さのためだけに付けられているものですので、着色料が含まれているものは余計な添加物が含まれていると見るようにしましょう。

 

 

 

無添加のドッグフードと価格

 

愛犬の健康を考えると、当然のこととして無添加のドッグフードの方が良いに決まっていますが、どうしても無添加の商品は価格が高くなるという傾向が見られます。

 

まったく添加物を入れないためには原料と製造工程をしっかりとさせなければならないためです。

 

しかし、その分病気や怪我に強くなりますので、長期的に見ればそれほど高い買い物とはならないでしょう。

 

愛犬が病気をした時にかかる費用はとても高くついてしまうからです。

 

日頃食べるものに気をつけ、病気や怪我を予防して元気に長く生きてもらうことで、ペットを飼うコストを下げることにもつながるのです。